デジタル回線には“定格”というものが定められています。
定格は機材や部品等ではその規格や応用期限やシステムなどの要素を定めたものです。
適正に応用するための数値を定めたものです。
こうしてこの定格を上回ったクロック周波数でデジタル回線を動作させることを“オーバークロック”と言います。
因みにクロックというのは数多くの回路の同期をとって時期よく動作させるための周期的な信号のことです。
オーバークロックはより高い終結技能を求めて受けるもので消費電力の増え具合や発熱の増え具合、信頼出来る安定したデータを獲得して行っています。
主にオーバークロックはパーソナル・コンピュータに使われているCPUに対して行なうことが沢山です。
CPUのなかに採用されているマイクロプロセッサに対して行なうのです。
マイクロプロセッサはプロセッサを集積回路で実装したもので、コンピュータやイロイロな機材に使われています。
マイクロプロセッサはインテルによって1970年代に開発されたものです。
パーソナル・コンピュータを対象としたCPUでは案外動作クロックを変更することが整備な為にオーバークロックが受けるこというのは多くなっています。
BIOSでは倍率やFSBを大抵と比べると厳しく設定してCPUの動作クロックを上げて出向くことがオーバークロックです。
メモリの動作クロックはCPUの動作クロックをおこなうと比べるとコンピュータの終結速度に影響がわずかです。
これによって安定して多かれ少なかれなりとも安全に取り回す為にCPUをオーバークロックするのであるのならば定格クロックがメモリ動作クロックと比べると高いものにした方がいいです。

かんがえ方

クロックというのは、CPUやメモリやGPU等動作の時期をおこなう基準となっている信号のことです。
このクロックを厳しくすることによってそういったにハイ・スピードに動作させることが出来るようなってす。
それがオーバークロックです。
良い定格を超えたクロックでCPUやメモリやGPUといった構成部品を動作させるのです。
そもそもCPUやGPUはおんなじ設計で、おんなじラインで作製されているのですが、おのおのの動作クロックにはバラツキが生じてしまいます。
これによって定格クロックが異なっている生産品としてラインナップし市販製品されています。
但しこのときに動作出来るスポットのなかで最高のクロックを以ているものを定格クロックとしてしまうと、動作環境条件によっては不安定になって仕舞うことが有ります。
これによって生産品ごとに存在するくらい余裕をみて使用しているのです。
たとえば定格が1GHzというCPUでは生産品の余裕つまりマージンが20%あるだとすることによって、事実には1.2GHzの動作も可能ということになります。
このマージン部位によって定格以上のクロックで半導体を動かしてシステムを上げようというのがオーバークロックの本質的かんがえ方です。
マージンはCPUの部類や生産品によって、ひいては型番ごとによっても1つ1つちがいが有ります。
マージンが大きいCPUというのがオーバーロックに強いということになります。
これがオーバークロックの基礎でどうしてオーバークロックを行なうのかという容易な解説です。

CPUクロック

おんなじ型番のCPUが存在したとしても生産している工場や日時等が違うとオーバークロックの耐性も違ってきます。
またおんなじロットのCPUではも個体差があってオーバークロックの限界値にちがいがでてくるのです。
CPUのオーバークロックを行なうには、CPU自体の動作クロックがどみたいにして生成されているのかを分かるところから始まります。
CPUの動作クロックというのは、外部から来るベースクロックというものをCPUの内部に存在する逓倍回路では何倍かへハイ・スピード化して生成されています。
このときのハイ・スピード化する倍率をクロック倍率といいます。
クロック倍率は小数点以下も存在してあり必ず整数倍率というのは限りません。
つまりベースクロックとクロック倍率を掛け合わせたものがCPUの動作クロックとなるわけです。
これらのことを踏まえると、オーバークロックを行なうにはベースクロックを上げて行くか、クロック倍率を上げて出向くか、両方ともまとめて上げて出向くかすることによって可能になるということです。
但し中にはCPUのクロック倍率が固定されてしまっているもものあり、そのケースはクロック倍率が変更出来ないのでベースクロックを突き上げるしかオーバークロックする手順はございません。
CPUと同様にGPUやメモリもオーバークロックするこというのは可能ですのですが、GPUやメモリにはクロック倍率というかんがえ方はございません。
これによって直接動作クロックを上げてオーバークロックを行なうことになります。

具体的な手順

先ほども述べましたがCPUのオーバークロックを行なうには、ベースクロックとクロック倍率を上げて行くことで行なうことが出来ますが具体的な手順をグングン解説していきます。
手順は大きく分けて2つ有ります。
一種目はマザーボードからBIOS設定画面を出してBIOSの設定内容自体をチェンジさせて仕舞う手順です。
こうして2つ目はマザーボードに付いているオーバークロックのツールではWindows上でベースクロックの設定等を直接変更する手順です。
一種目の手順のケースOSがWindowsもMacだとしても問わずに行なうことが出来ますが、2つ目の手順のケースはWindowsでしか扱うことが出来ません。
再度全部のマザーボードではオーバークロックのツールが付いているわけではございません。
ただしオーバークロックのツールが付いていなくてもマザーボードからBIOS設定を行なうこというのは多くのケース可能となっています。
このオーバークロックのツールを使えば手がるにWindows上からオーバークロックすることが出来ます。
近頃こんなツールを提供している作製専門業者が多くなりました。
マザーボードからBIOS設定をおこなうケース、画面のメニューやハンドリング手順等が若干違うこというのは有りますが本質的ハンドリングは同じです。
ベースクロックを上げればCPUの動作クロックもそれに比例して上がります。
オーバークロックをした後、CPUスコアを測定するソフトでは計測してみるとまさにパフォーマンスが上がっていることが確認出来ます。

リスク

オーバークロックを通してシステムを吊り上げることが全部すばらしいことではございません。
無論オーバークロックすることによってリスクも発生します。
オーバークロックでは経費をかけないでCPUやGPUなどのパフォーマンスを振り上げることが出来るというのが艶やかさです。
オーバークロックを何処まで出来るかはその生産品によってちがいます。
インテル製のCPUのケースそれほどオーバークロックに対しての耐性がおっきいので定格の1.5倍以上にしてクロック動作出来ることも珍しくはございません。
しかしながらオーバークロックというのは、作製会社の保障外のことであって、あくまで自己責任では行なうしかないのです。
オーバークロックを無茶して行ってしまうとCPUの寿命を縮めて仕舞うことにもなりますし、最悪のケース壊して仕舞うことも有ります。
オーバークロックをしたケース発熱が増加してしまうのでCPU側のクーラー冷却システムが低めのケース、熱暴走してしまうこともかんがえられます。
オーバークロックを行なうのであるのならば、動作の限界クロックより低めのクロック設定を通してマージンを確保しておくようにした方がいいです。
CPUでは供給する電圧を定格より高くすることによってオーバークロックの限界も激しくすることが出来ますが、電圧を高くしすぎてしまうとCPUが一気に破壊して仕舞うことも有ります。
これによってこの手順はリスクが大きすぎます。
仮に電圧を激しくするのであるのならば定格の1割くらいだけ掲げるのが無難な手順だとおもいます。
オーバークロックの初心者の人のケースは、電圧はいじらないでクロック倍率やベースクロックを変更することによってハンドリングした方がいいとおもいます。