今みたいに手がるにオーバークロックが出来るようになったのは近頃のことです。
1995年くらいのマザーボードではピンの差し替えを通してCPUのクロック周波数をチェンジさせていました。
当時その手順はマザーボードのテキストに書かれていたのでわかりやすかったのですが、ジャンパと呼ばれる細かいピンを抜いたり差したりして立ち向かう作業がやけに面倒くさくてした。
それが1997年くらいからはジャンパピンに代わってディップスイッチが主力となってきたのです。
昔のピンと比べるとラクラクオーバークロックが出来るようになったもののケースを開けて作業しなければならないので面倒くさくてした。
しかもこれらの手順ではクロックの倍率や周波数を切り替えることが出来る組み合わせが限られていたので自由はききませんでした。
1999年くらいになんとかBIOS画面で設定変更が出来るようになって大巾に作業が軽減されて楽になりました。
2000年くらいにはWindowsからオーバーロックのツールを使用して作業出来る生産品が出てきました。
このツールを使えば安全に確実にオーバークロックが出来るようになっていました。
CPUを造っているAMDというUSAの半導体作製会社が“AMD OverDrive”というオーバークロックを対象としたツールを創りました。
作製専門業者の保障外で従来は禁じ手ともなっていたオーバークロックが近頃ではセールスポイントともなっています。
ただしこれらのツールによるからといって全部のCPU等ではオーバークロックが出来るというものではございません。
事故が起きても一切作製専門業者からの補償はなく自己責任となってきます。

リスク2

簡易的に行なうオーバーロックとしては、CPUの内部ではクロック倍率を上げたりCPUやメモリへ供給される電圧を上げたりしてCPUクーラーやヒートシンクを冷え易いものに交換するくらいです。
その際のリスクとしてマザーボートに存在するDC-DCコンバータの技能が足らなくなりオーバーロードによってMOS-FETが燃焼することが有ります。
他にも熱によって温度が上昇してアルミ電解を行なうコンデンサの容量が追い越せることやクロックが上昇したことによって消費電力が増えすぎてしまい電力に負荷をかけることにもなります。
定格以上のクロック動作によって信号化けすることも有ります。
最悪のケース火災が起きてしまうことも有ります。
オーバークロックをしたばっかりのときは問題なく稼働していても数ヵ月後に動作不良等不具合が起きることも有ります。
オーバークロックをよく行っているオーバークロッカーの人たちはお互いにコミュニケーションをし、CPUのロットごとにどれがマージンの幅ワイドものなのか入念に調べて行っています。
ロット指定を通してCPUをオーダーしている人もいます。
但し中にはオーバークロックを止める為にクロック倍率を固定されてしまっているものも有ります。
何とかマージンが広くなっているものを手に入れられたとしても、定格以上に設定したものを動作不良で作製会社に勧めるこというのは出来ません。
近頃では容易にオーバークロックが出来るようになってきた為に、関心本位でオーバークロックを通して作製会社側に不当にクレームを言う応用者も増加してきました。
如何なる扱い方をしたとしても、如何なる不具合がでたとしてもオーバークロックをした時点でその後作製会社もディーラーも生産品の保証は行ってくれないことを一概に捕捉しておく必要が有ります。

電源

オーバークロックを通して達成させる為にかんがえなければならないこというのは“電源”に対してです。
クロック周波数を繰り返すというこというのは、消費電力を繰り返すことになります。
つまり発熱の率が増すということになります。
これによってCPU等に定格で使用しているものと比べるとしばらく高めの電圧が供給出来るものを使わなければなりません。
但しそれは安定度が無くなることにつながります。
逆に定格で使用しているものと比べると相当小さめの電圧をCPUに渡した方が賢く見込めることも有ります。
確実な手順はガッカリながら存在していません。
自分が納得出来る手順をいくどか試すうちに見極めるしかございません。
自作パーソナル・コンピュータを対象として扱う電源ユニットとして別売りされているものには、出力電力値等が映されています。
ただしこれはわずか数秒間のピークの値を表示しただけにすぎないので、まさに図る時折出力電力値の60%くらいを定格値としてかんがえるべきです。
作製会社品のパーソナル・コンピュータのなかにセットされている電源の容量は、記載されている電力値を連続して供給することが出来ます。
電源ユニットを選択する際にはこんな点に忠告して選択するといいとおもいます。
自分が思った通りの電力が得られたとしてもノイズが入ってしまっていることも有りますし、マザーボードが低システムなものならば宜しい果てが得られないこともあるとおもいます。
電源の問題を克服するには専門の機材で計測するなどのスキルが必要とされます。
こんなスキルがない人でオーバークロックをしたい人のケースはば、電源ユニットを買う前に口コミや評判を確かめてから選択するようにするしかないやうです。

オーバークロックのお目当て

オーバークロックのお目当てがCPUやメモリなどのパフォーマンスを向上させることではなく、オーバーロックを行なうこと自体をお目当てとしている人たちがいます。
手がるに出来る容易なオーバークロックのケースはパフォーマンスを改善出来る見込みが有ります。
ただし経費パフォーマンス等を一切心配すること無くユーザビリティも顧みずに高クロックや高パフォーマンスだけを探求してオーバークロックを行なう人たちは手段を選択しません。
DC-DCコンバータをマザーボードから手に入れたり、CPUやメモリは選別品を使ったり、冷却する為に二酸化炭素や液体窒素を使ったり、世間一般的にパーソナル・コンピュータでは使わないような手段を使用するのです。
オーバークロックをよく行っているマニアたちの間まずは、オーバークロックを通して周波数を単純に争うだけの人たちがいます。
またオーバークロックを通してベンチマークを走らせてスコアを競い合う自分もいます。
徹頭徹尾モータースポーツ競技みたいにそのパフォーマンス力を張り合うのです。
数年間生産品がいい有り様であることを望むのではなく、その瞬間だけだとしても要求しているスペック(システム)を手に入れることが出来れば満足というかんがえですのです。
これによってオーバークロックの手順が誠に極度でキツイものになってくるのです。
近頃ではこういったスコアや周波数等をインターネットに記載して抗う人たちが増加しているやうです。
オーバークロックが手がるに出来るようになったことで、オーバークロックを行なう自分のお目当ても変化してきているのです。