携帯性の良さがシステムと比べると重視されるのがネット本です。
ただし中にはネット本のシステムを限界まで引き出してみたいとしている人もいるやうです。
ここではネット本のオーバークロックの手順をお教えします。
オーバークロックを行なうことによってバッテリーの駆動時間が短くなりますし、ファンノイズも目立つようになりますからご忠告ちょうだい。
まず初めに解説する手順は、0円ツールとして提供されている“SetFSB”を使いCPUやメモリ等をオーバークロックする手順です。
SetFSBは世間一般的なオーバークロックのツールとしてポピュラーです。
しかしながら対応しているハードウェアがわずかことがデメリットとなっています。
対応出来る機種は、Atom CPUを採用しているネット本ならば全部出来ます。
Eee PCやDell、Hewlett Packardなどのネット本にも対応しています。
対応しているOSはWindows7やWindows Vista、XP、Me、98です。
一層Windows Server2003、2000、NT4.0です。
作業としてはそういったに容易ではございません。
自分のパーソナル・コンピュータによってジェネレータを選ばなければならないからです。
インターネット上でSetFSBのハンドリングガイドを提供しているところも有りますし、オーバークロックの応用者グループが多々投稿していますからそちらを参照にしてちょうだい。
ネット本以外にもSetFSBはタブレット等だとしても対応可能となっています。

ネット本のオーバークロック2

ネット本でオーバークロックを行なう2つ目の手順として、ASUSのネット本の標準採用ソフト“Super Hybrid Engine”を使います。
Eee PCの1101HAではオーバークロックしても最大で30%しか短く動作させることが出来ません。
他社のネット本のケースは10%しか少なく動作させることが出来ません。
それ以上にはやくしよのならば“eeectl”を使用するしかないのです。
“eeectl”は0円提供されているツールで、マザーボードのCPU電圧やFSBの速さをコントロール出来るものです。
オーバークロックするなかにはCPUを調節しなければならずその際に大変役立つツールですのです。
またeeectlはパーソナル・コンピュータ画面のバックライトを2倍明るくすることも出来ますし、ファンの速度を調節することも出来ます。
ホットキーを設定することも出来ます。
この手順を対応出来る機種は、Eee pc 700シリーズならば扱うことが出来ます。
それ以外のEee PCのケースはコードを変更して使わなければいけないことが有ります。
対応しているOSは、Windows 7とVistaとXPです。
Eee PCをオーバークロックするのにeeectlによってCPUをコントロールする手順はさほど評価は激しくございません。
この手順のハードルとしてもさほど容易であるというのは言えないからです。
多くのEee PCでコードを変えないと使えないというひと手間があるからです。
応用者からも手間がかかると不愉快の声が上がっています。

CPU“Kシリーズ”

2010年の6月に売り出しされた新CPUの“Kシリーズ”の案内です。
これはIntelから売り出しされたCPUで倍率変更が出来るものです。
これによってCPUクーラーを使用して冷却を上手くおこないオーバークロックすることによって、動作周波数を高くしてそのシステムを楽しむことが出来るのです。
世間一般的なCPUは動作周波数の倍率を設定されている定格以上に振り上げるこというのは出来ません。
それがIntelから売り出しされたCPUのKシリーズならば動作周波数の倍率変更がおこなえるためオーバークロックをやりやすくなるのです。
Kシリーズには2つのモデル“Core i7-875K”と“Core i5-655K”が有ります。
こうしてCPUを使用してオーバークロックを行なうのであるのならば、冷却システムが優れているCPUクーラーの存在は欠かせないものです。
“Vantage A.L.C.”という水冷クーラーはヘッドに小ぶり液晶画面を備えていて温度をちゃんと確かめることが出来ますしファンの回転数も確かめることが出来る際立つ品物です。
仮に一体型の水冷クーラーを使用するのならばPCときの選択法もキーポイントになってしまう。
折角買っても大きさやレイアウトが合っていないと使えないからです。
Kシリーズの最大の特徴は予め倍率を変えられることです。
一定グレードのCPUではCPUの倍率が変えられないので、オーバークロックするだとすることによってベースクロックを上げなければなりません。
但しベースクロックはメモリクロック等他の構成部品のベースにもなっているので、他の構成部品もオーバークロック有り様になってしまい動作不良が起き易くなります。
その点Kシリーズならば他の構成部品に負荷をかけにくいので安定して動作することが出来るのです。

duck氏

オーバークロックのワールドそれでは超ポピュラー人、ワールドそれだとしてもその名を知らない人がいないというくらい名高い人がduck氏です。
USAで開催されたオーバークロックのワールド大会ではワールド記録を達成した人ものです。
そもそもパーソナル・コンピュータのシステムというものは、CPUの技能に依存しているものです。
車で言えばCPUは車のエンジン部位にあたるキーポイントな構成部品ということです。
このCPUの力をオーバークロックして極限まで高めた人ものこそがduck氏です。
duck氏が出した記録“7307.84MHz”はIntelの“Core i5-655K”のワールド記録だとしてもあり、もう一度Intel社が世のなかにiシリーズのCPUを送りだしてからの最高の数値でオーバークロックの記録を塗り替えたやうです。
つまり近頃主力となっているCPU、IntelのCoreシリーズの中ではもワールド記録というわけです。
こうして翌月には“8242.45MHz”という市販製品されている全CPU史上で最高のワールド記録を達成しました。
オーバークロックが恐いのはパーソナル・コンピュータを壊して仕舞うリスク性が高いものだということです。
それに作製会社側もあんまりお奨めしているものではございません。
しかしながら催事等でオーバークロックを見ているのはるんるんものですし、市場の活発化にもなるものです。
そういった訳合いだとしてもduck氏はニホンがワールドに誇ることが出来るオーバークロッカーですのです。
duck氏は以後も再度ワールド記録を創り続けて、ワールドの頂点にのぼり続けたいとしています。