オーバークロックでは、CPUの周波数を高くして動作させればさせるほどCPUの発熱量も共々増加していきます。
大抵にCPUが稼働しているスポットではそこまで発熱量も伸び悩むのですが、一気に全速力で走らされたようなものだから、急激に発熱するのです。
オーバークロックしたケース事実にCPUはどれくらい温度チェンジするのか見てみます。
その為にCPUにヒートセンサーをつけます。
ヒートセンサーは本当はコアダイ部位に直接附けるのが一番いい手順です。
ただしケースを割ってはずさなければコアダイに附けるこというのは出来ません。
そうしたケースノーマルではなく本格的な改造になってしまうので、可能なスポットでコアに間近い部位につければいいとおもいます。
オーバークロックしている間、これで温度チェンジを確かめます。
したケースオーバークロックしている時間が経てば経つほどCPUの温度も上昇して行くのがさんざっぱらよく分かります。
勿論CPUの最高温度も上昇します。
CPUは温度が上がっていくほど動作が不安定になってしまいます。
事実に50℃に近づいたところでエラーがで始めました。
システムエラーが頻繁に映されるようになったり、パーソナル・コンピュータが何度もフリーズをおこすようになったりイロイロな動作不良が起きます。
この時にオーバークロックを続けてCPUの温度上昇が続いていくと最後にはCPUが壊れてしまい使いものになりません。
こんな事態を防ぐ為に、オーバークロックを行なう時としてCPUを強力に冷却しなければならないのです。

冷却ファン

CPUの発熱を制するあるいは発熱の上がり具合を食い止める手順として冷却ファンを応用することが挙げられます。
CPUにこの度ヒートシンクとファンをつけてその温度上昇に対して調べてみました。
オーバークロックを行なう際にファンをつけないケースとファンを一種押し付けたケース、そしてファンを2個押し付けたケースでおのおの温度を測定しました。
CPUにヒートシンクだけをつけてファンなしでオーバークロックしたケース、温度チェンジが何とも急激で40℃を超えたあたりから不具合も出始めました。
これは333MHzのコアを400MHzでオーバークロックしたときの果てです。
ファンを一種つけたケースでは、オーバークロックを始めた当初37℃くらいだったCPUの温度が、1分毎に41℃、42℃、43℃とのぼり始めて7分経過したところで45℃に到達しその後ちょっぴり45℃をキープしました。
ファンを2個つけたケースでは、同様に初めは37℃くらいだったCPUの温度が1分毎に39℃、40℃、41℃として、その後41℃くらいで落ち着いていました。
こみたいにファンは一種と比べるとやはり2個あった方が冷却する力が強力になり、CPUの温度チェンジも緩やかでした。
ただしファンを使用する上で忠告しなければならないのは、ただCPUに冷却ファンをつければそれで好ましいというものではないということです。
ときの中の空気の流れがうまくいっていなければ、冷却効力は得られません。
ときのなかに熱風が滞留していてそこに風を送っても、ただ熱風が周るだけで涼しくはならないからです。
ケース内に存在するケーブルを正しく纏める等して空気が巡り易くなるようにきちんとしたスペースをつくって吊り上げることが重大ですのです。
またボード等発熱し易いものはファンの近くに捨て置くようにした方が効力的です。

CrystalCPUID

自分の使用しているCPUの情報をしる為に楽なソフトが有ります。
それが“CrystalCPUID”です。
このソフトでは、CPUの倍率やFSB、オーバークロックに対応しています。
CPUに関連して結構多くの後援を通しているフリーソフトです。
CPUの情報収集を行ったり、動作倍率や電圧の変更を行ったりするオーバークロック等にも対応しています。
CPUの情報の他にも、PCIデバイスに対して、BIOSに対しての情報も受け確保することが出来ます。
主なシステムをいくつか案内します。
Intel Pentium4やPentiumMやCore、Core2の倍率や電圧を乗り換えることが出来ます。
AMDのK6やK7やK8、Geode LXの倍率や電圧を乗りかえることが出来ます。
VIA CyrixIII、C3の倍率を入れ替えることが出来ます。
負荷によって倍率や電圧をチェンジさせていくことも出来ます。
クロック周波数や倍率、システムクロック等を表示することが出来ます。
一部のCPUではオーバークロック率も表示することが出来ます。
それ以外にもキャッシュ情報や後援拡張システムの情報、CPUIDの果て、プロセス規律等を表示することも出来ます。
BIOS情報やPCIデバイスの一覧表示も出来ます。
取得したデータはテキストで保全しておくことができプレビュー表示も出来ます。
こみたいにしてCPUに関連しての情報を的確にすることによって、オーバークロックをやるための下準備をきちんとおこなうことが出来ます。
ソフトを上手く応用して的確な情報を獲得するようにしてちょうだい。

SetFSB

オーバークロックを行なうのに楽なソフトとして“SetFSB”が有ります。
FSBをリアルタイムで変更することが出来るオーバークロックを対象とした軟弱のです。
扱い方としてはスライド式に変移させて出向くという容易なものです。
但し気軽にオーバークロックしたケース、システムを掲げることが出来る半面リスクもシビアなので忠告してやらなければなりません。
SetFSBは上級者向けのソフトで、大変リスクなプログラムです。
設定の手順によってはCPUやハードにダメージを与えて仕舞うことにもなります。
ではSetFSBのHPからSetFSBをダウンロードしてちょうだい。
ダウンロードしたファイルの“setfsb.exe”を選定してダブルクリックしてちょうだい。
“Clock Generator”から自分に当てはまるスタイルを選定してちょうだい。
次は“Get FSB”を押します。
次に上のバーを取り回し“Set FSB”を押します。
画面の右下にCPUクロックが映されますから、クロック数が希望の値になったところでやめます。
以上がSetFSBソフトによるオーバークロックの手順です。
くれぐれも数値をあげすぎないように気をつけてちょうだい。
目安としてはLANハンドリングに支障がでるギリギリの値を取り調べながら働くしかないとおもいます。
突然クロック数を高くしてしまうとフリーズする等して支障が出てしまうので、地道に数値を取り調べながら行っていく方がいいとおもいます。

Easy Tune

GIGABYTEのマザーボードに付いているツールで“Easy Tune”というものが有ります。
これを使用するとCPUを容易にオーバークロックするシステムを使用することが出来ます。
“Easy Tune”のなかには3つの段階のTunerが入っています。
“Quick Boost”はオーバークロックの初心者対しツールだとしてもう設定されている設定ボタンでは行なうものです。
“Easy”は中級者対しツールで電圧の変更は出来ませんが、FSBを1MHzごとに置き換えることが出来ます。
“Advance”は上級者対しツールで電圧もFSBもメモリクロックも全部入れ換えることが出来ます。
初めにマザーボードに付いているCD-ROMから“Easy Tune”をインストールちょうだい。
インストールおわりしたら、ソフトを起動させます。
オーバークロックのシステムがついているのは“Easy Tune6”です。
タブのユーザビリティも爽快でインターフェースもわかり易いです。
初心者向けのオーバークロックの手順に対してです。
“Easy Tune6”を起動して“Quick Boost”を選択します。
“Quick Boost”のなかにとっくに設定されているボタンを押せば大丈夫です。
ボタンを押した後に再起動するように画面に好評されるので、それに従ってパーソナル・コンピュータを再起動します。
再起動おわりしたらその時点でとっくにCPUのオーバークロックもおわりしている有り様となっています。
仮にうまく再起動ができなかった時折、メイン電源をひとたび落としてからもっと起動しなおしてみれば出来るとおもいます。